箱根駅伝区間登録発表 青学大「5年生」竹石尚人は5区 駒大の絶対エース田沢廉は2区!

青学大・竹石尚人
青学大・竹石尚人

 来年1月2、3日に行われる第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝、報知新聞社後援)を主催する関東学生陸上競技連盟は29日、出場21チームの区間登録を発表した。

 箱根駅伝の選手登録は例年12月10日に16人を選手登録。同29日に1~10区と補欠6人を登録する。往路、復路ともにスタート(午前8時)の1時間10分前に当日変更が可能。ただ、変更は区間登録選手と補欠登録選手の交代だけで区間登録選手同士の変更はできない。前回まで交代は往路、復路合わせて4人以内だったが、今回から6人以内に拡大(ただ、各日4人以内)。主力選手を補欠に登録し、勝負区間に投入するなどの戦術的な変更も可能なため、各校の駆け引きや当日変更のドラマも箱根駅伝の見所のひとつ。今回、交代枠が拡大されたこともあり、早大の中谷雄飛(3年)、東洋大の西山和弥(4年)、中大の吉居大和(1年)ら各校の主力選手の多くが補欠に登録された。当日の区間配置が注目される。

 2年連続6度目の優勝を狙う青学大は、主将の神林勇太(4年)を補欠登録で“隠す”一方で1区に吉田圭太(4年)、2区に中村唯翔(2年)、5区に実質5年生の竹石尚人(4年)を登録した。竹石はこれまで2度、5区を経験。2年時には終盤に足をけいれんするアクシデントに見舞われながらも区間5位と踏ん張り、青学大の4連覇に貢献した。しかし、3年時は区間13位と苦戦し、青学大が5連覇を逃す一因となった。4年時の前回大会は左ふくらはぎ故障のため、登録メンバー入りを辞退し、留年して箱根駅伝に再挑戦することを決めた。来春の卒業後は静岡朝日テレビに入社することが内定しており、今回が正真正銘、箱根ラストラン。「もう一度、5区を走って青学大の優勝に貢献したい」と竹石は執念をにじませる。青学大は前回、エース区間の2区で日本人1年生最高タイムとなる1時間7分3秒の区間5位の激走で首位に立った岸本大紀(2年)が股関節痛の故障から復活途上のため、登録メンバーから外れている。5区で竹石の踏ん張りが連覇の鍵を握る。

 全日本大学駅伝(11月)を制し、学生3大駅伝最多の22勝目を挙げた駒大は絶対エースの田沢廉(2年)が2区に登録された。前回、東洋大の相沢晃(現旭化成)がマークした1時間5分57秒の区間記録にどこまで迫れるか、あるいは超えられるか、注目される。準エースの小林歩(4年)、鈴木芽吹(1年)が補欠に登録される一方で、2年連続で5区を担った伊東颯汰(4年)が8区に登録された。闘将、大八木弘明監督(62)の采配も注目される。2008年以来、13年ぶりの箱根路制覇を狙う。

 前回2位で、2年ぶり2度目の優勝を目指す東海大は、前回4区2位の名取燎太(4年)が2区登録。初めて「花の2区」に挑む。同5区7位の西田壮志(4年)は3年連続の5区。前回2区7位の塩沢稀夕主将(4年)、全日本大学駅伝4区区間賞の石原翔太郎(1年)は補欠登録された。当日交代で1区や3区への投入が予想される。

  今季、絶好調の明大は前回5区5位の鈴木聖人(3年)が補欠登録。順当ならば、当日変更で5区出陣となりそうだ。小袖英人(4年)、手嶋杏丞(3年)の主力も補欠登録。当日、ポイント区間への投入が見込まれる。古豪、明大は7回の優勝を誇るが、最後の栄冠は1949年までさかのぼる。チーム一丸で、大会史上最長ブランク優勝となる72年ぶりの栄冠を目指す。

 7月に3000メートル障害で日本歴代2位の8分19秒37をマークした順大のスーパールーキー三浦龍司は1区に登録。ハーフマラソン(21・0975キロ)で争われた予選会(10月17日)でマラソン日本記録保持者の大迫傑(29)=ナイキ=が持っていたU20日本記録を更新する1時間1分41秒で日本人トップの5位となるなど長い距離でも適性を持つ。故障のため4日の日本選手権3000メートル障害を欠場したが、その後、順調に回復。全日本大学駅伝1区で区間賞を獲得しており、箱根路でもスタートダッシュが期待される。

 東京国際大は外国人留学生が2人メンバー入り。大会ルールで外国人留学生は登録が2人以内、出走が1人以内。前回、3区で青学大の森田歩希(現GMOインターネットグループ)が持っていた区間記録を2分1秒も更新する59分25秒の驚異的なタイムをたたき出したイェゴン・ヴィンセント(2年)は補欠に登録された。2区登録のルカ・ムセンビ(2年)がそのまま出走する可能性もある。

 予選会で敗退した大学の選手で編成され、オープン参加する関東学生連合は、予選会で18位と大敗した日大の小坂友我(3年)が7区に登録された。神奈川・二宮町出身の小坂は、来季の日大復活に向けて、地元で快走を期す。

 関東学連は新型コロナウイルス感染防止対策として駅伝ファンに「観戦・応援目的での外出はお控えください」というメッセージを発信。シード10校、予選会通過10校とオープン参加の関東学生連合の計21チームが未曽有の大会に臨む。

 「4強」と目される青学大、東海大、駒大、明大の区間登録は以下の通り。

【青学大】

 1区 吉田圭太(4年)

 2区 中村唯翔(2年)

 3区 大沢佑介(2年)

 4区 脇田幸太朗(2年)

 5区 竹石尚人(4年)

 6区 高橋勇輝(3年)

 7区 近藤幸太郎(2年)

 8区 岩見秀哉(4年)

 9区 横田俊吾(2年)

10区 中倉啓敦(2年)

 補欠 神林勇太(4年)

 補欠 新号健志(4年)

 補欠 松葉慶太(4年)

 補欠 飯田貴之(3年)

 補欠 湯原慶吾(3年)

 補欠 佐藤一世(1年)

【東海大】

 1区 市村朋樹(3年)

 2区 名取燎太(4年)

 3区 田中康靖(3年)

 4区 佐伯陽生(1年)

 5区 西田壮志(4年)

 6区 川上勇士(2年)

 7区 佐藤俊輔(2年)

 8区 中嶋貴哉(3年)

 9区 長田駿佑(3年)

10区 米田智哉(4年)

 補欠 塩沢稀夕(4年)

 補欠 本間敬大(3年)

 補欠 竹村拓真(2年)

 補欠 浜地進之介(2年)

 補欠 石原翔太郎(1年)

 補欠 吉井来斗(1年)

【駒大】

 1区 加藤淳(4年)

 2区 田沢廉(2年)

 3区 青柿響(2年)

 4区 酒井亮太(2年)

 5区 円健介(2年)

 6区 花崎悠紀(3年)

 7区 花尾恭輔(1年)

 8区 伊東颯汰(4年)

 9区 山野力(2年)

10区 神戸駿介(4年)

 補欠 小林歩(4年)

 補欠 石川拓慎(3年)

 補欠 佃康平(3年)

 補欠 唐沢拓海(1年)

 補欠 白鳥哲汰(1年)

 補欠 鈴木芽吹(1年)

【明大】

 1区 児玉真輝(1年)

 2区 加藤大誠(2年)

 3区 村上純大(4年)

 4区 金橋佳佑(3年)

 5区 樋口大介(4年)

 6区 前田舜平(4年)

 7区 丸山幸輝(3年)

 8区 大保海士(4年)

 9区 小沢大輝(2年)

10区 長倉奨美(4年)

 補欠 小袖英人(4年)

 補欠 鈴木聖人(3年)

 補欠 手嶋杏丞(3年)

 補欠 漆畑瑠人(2年)

 補欠 櫛田佳希(2年)

 補欠 富田峻平(2年)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請