10代目うたのおにいさん・今井ゆうぞうさんが急死 21日に脳内出血で 43歳

スポーツ報知
今井ゆうぞうさん

 NHK「おかあさんといっしょ」の10代目「うたのおにいさん」で知られる俳優の今井ゆうぞう(本名・今井雄三)さんが21日に脳内出血のため亡くなっていたことが28日、分かった。43歳。関係者が認めた。

 この日、同じ徳島出身で親交があったシンガーソングライターのKEiがツイッターを更新し、21日に亡くなったことを明かした。葬儀は親族のみで営まれたという。KEiは「誰に対しても平等に、裏表のない人情に熱く真っ直ぐな方で、人としても、アーティストとしても、心からリスペクトする鏡のような存在でした。今でも『KEiくん!』って電話がかかってきそうで、信じられないです」と悼んだ。

 今井さんは2003年4月から08年3月まで、女優のはいだしょうこ(41)とのコンビで、うたのおにいさんとして親しまれた。11年に一般女性と結婚し、同年に女児が誕生している。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×