「鬼滅の刃」、「千と千尋の神隠し」を抜いて歴代興行収入1位に輝く…324億7000万円突破

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のポスター画像
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のポスター画像

 アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)の公開11週目までの興行収入が324億7000万円を突破したことが28日、東宝、アニプレックスから発表され、10月16日の公開から73日間で興行収入歴代1位の「千と千尋の神隠し」(01年)の316億8000万円を19年ぶりに塗り替えた。

 「千と千尋―」が300億を突破するまで8か月以上を要したが、「鬼滅―」はわずか2か月という驚異的なスピードで300億円の大台に到達。来場特典の配布や26日に座席が動くなどの演出が追加される、体験型映画上映システム「MX4D/4DX」の上映を新たに開始され、歴代1位まで押し上げた。

 原作は「週刊少年ジャンプ」で連載された漫画家・吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)氏の人気漫画。2019年に放送されたテレビシリーズの最終話(26話)は、主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)、妹の禰豆子(ねずこ)とその仲間たちが、次なる任務の地「無限列車」に乗り込むシーンで終了した。劇場版は、その無限列車を舞台に、炭治郎たちの新たな戦いが描かれる。

 家族連れから若者のカップル、アニメ好きの単身客まで男女問わず幅広い客層に支持されている。これまでのあらすじなど、映画には初めて見る人のための説明が一切ないが、コロナ禍の自粛期間に原作漫画や動画配信サイトでテレビシリーズに触れたファンも多く、期待感が高まったタイミングで公開されたこともヒットの一因だ。さらに劇中で活躍する煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)の人気もあり、熱心なリピーターも多い。コロナの影響で洋画の大作が相次いで公開延期となり、競合作品が少ないことも追い風になっていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請