野球実況40年の実況家がトークライブ!異例の1年を語りつくす!

小野塚康之
小野塚康之

株式会社日テレイベンツのキャスティングコンサルティングプロデュース サービス「MAX キャスティング」は、アイ・オー・データとの協業で、無料トークライブ「小野塚康之に見えた!プロ野球 2020」~野球実況40年の実況家が異例の1年を語りつくす~を12月29日午後3時より、ライブ配信する。

 新型コロナウイルスの影響で東京オリンピック・パラリンピックも中止となるなど、先行きが見えない不安な1年となった2020年、プロ野球は、医療従事者・ファン・球団・選手など多くの人たちが支えあい、一体となってシーズンを見事に“完走”した。

 そんな異例の1年を野球実況40年の「野球実況家・小野塚康之」が実況・取材を通じ、見て、聞いて、感じた12球団のすばらしいシーンを独自の視点で、明るく・楽しく・元気よく語りつくす。 何かと暗い話題が多かった年の最後を明るく締めくくるトークライブとなっていおり、小野塚氏は「1年の最後にトークライブで野球を語れることを大変うれしく思います。今年も実況を通じて野球を伝えてきました。そこで目にしたもの、耳で聞いたこと、心に感じたことを皆様にお届けします。1年間書き綴ったコラムの“ハイテンション朗読”も初めて披露します。当日の生配信で皆さんと一緒に2020年の野球を振り返り、楽しみましょう!」と語った。

 ※開催時間に(https://talklive‐20201229.platcast.iodata.jp/)にアクセスいただければ、一切の登録なしでトークライブをお楽しみいただけます。視聴可能人数は3000人です(当日のアクセス先着順)1月6日以降、聞き逃し再生も可能になります。

 ◆小野塚 康之(おのづか・やすゆき)1957年東京都生まれ。学習院大学卒業、1980年NHK入局。東京アナウンス室・大阪局・福岡局などに勤務し、野球実況一筋にプロ野球はセ・パ全球団の公式戦、日本シリーズなどを実況、高校野球も春・夏の甲子園を300試合以上担当した。オリンピックも夏冬あわせて5回の現地実況。2019年NHK退局、フリーアナウンサーとして引き続き野球実況を中心に活動中。

お知らせ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請