高橋大輔&村元哉中、課題は「ほぼ全部」…一問一答

アイスダンスで2位の村元、高橋組
アイスダンスで2位の村元、高橋組

 アイスダンスのフリーダンスが行われ、村元哉中(27)、高橋大輔(34)組(ともに関大KFSC)は初めての全日本を2位で終えた。

 ◆村元&高橋に聞く

 ―振り返って。

 村元「無事に滑り終えてほっとしている。リズムダンスとフリーダンスを通して、本当に大ちゃんが100%サポートしてくれて、守ってくれた感じがあるので、とりあえず感謝している」

 高橋「本番では正直、出し切れなかった後悔はある。でもこんな状況で、全日本という大きな舞台を滑る経験は次に生きる。この悔しさを次に生かすしかない」

 ―収穫と課題。

 高橋「前回のNHK杯から、見せるって部分ではなんかすごく進歩したというか。表現できるようになってきたなってところもある。課題はほぼ全部(笑い)。1個ずつ着実に、レベルアップできるようになっていくしかない」

 ―けがもあり、不安をどう乗り越えたか。

 村元「とにかく『大丈夫』って言葉を連発した。『コンディションもいいし、踏ん張りもきくから、ほんと大丈夫だから』と言った」

 高橋「僕自身はいつでも、全力出せるように準備をしていた」

 ―挑戦の1年を終えて。

 高橋「時間がない中で、もうよくここまでできたなと思う。一緒に頑張ってくれて、すごいうれしかった」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請