ゾーンに入り込んでいた羽生結弦「自分が違うところから見ていた感覚だった」

スポーツ報知
金メダルを首に下げ、笑顔を見せる羽生結弦

◇フィギュアスケート 全日本選手権 第2日(26日、長野・ビッグハット)

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位から出た五輪連覇の羽生結弦(26)=ANA=が、215・83点をマークし、SPとの合計319・26点で、5年ぶり5度目の優勝を果たした。2位は、SP3位から出た18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(23)=トヨタ自動車=で190・59点、合計284・81点。SP2位から出た17歳の鍵山優真(星槎国際高横浜)はフリー180・19点、合計278・79点で昨年に続き、3位表彰台入りした。

 羽生の主な一問一答は次の通り。

 ―振り付けのこだわりは。

 「まあ、全部ですね(笑い)。どれ一つ欠けてもこのプログラムは成り立たないと思うので、ジャンプをシームレスに飛べたのが一番表現として完成できた、よかったところと思っています」

 ―それが表現の大事な柱?

 「そうですね、だからこそ、昨日みたいな演技はちょっと粗削りだと思いますし、魅せたい気持ちはもちろんあるんですけど、ジャンプ飛べたぜ、やっほーい、ウエーイみたいな感じじゃなくて、もっとロビー(・ウィリアムス)だったら、もっとスマートに、もっと余裕のあるロックだと思うんですよね。それが表現できていないと思ったので、もっと何か余裕がある、イカしたものにしたいというのが昨日を終えての反省点です(笑い)」

 ―フィニッシュから数秒間、何が見えていたのか。

 「特に何を考えていたわけではないんですけど、ただ、すごくいろんな力をもらえたと思いますし、戦い抜けたなと思って、そこにすっと立っていたという感じですかね。何かを見ていたというわけではなくて、むしろ自分が違うところから見ていた感覚だった」

 ―この大会の意味は。

 「僕自身の望みというか、うん…個人的意見なので、貫いていいのかという葛藤もすごく今もあるが、世界選手権があるのであれば、そこに少しでも近づいておかないと今後に向けて難しいなという思いがすごくあったので、今のコロナ禍という暗い世の中で自身がつかみ取りたい光に手を伸ばしたという感じでした」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請