宇野昌磨が明かした羽生結弦への思い「こんなにも差があったんだ。すごくうれしかった。僕の目標がゆづくん」

歓声に応える(左から)優勝した羽生結弦、2位の宇野昌磨(代表撮影)
歓声に応える(左から)優勝した羽生結弦、2位の宇野昌磨(代表撮影)

◇フィギュアスケート 全日本選手権 第2日(26日、長野・ビッグハット)

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位から出た五輪連覇の羽生結弦(26)=ANA=が、215・83点をマークし、SPとの合計319・26点で、5年ぶり5度目の優勝を果たした。2位は、SP3位から出た18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(23)=トヨタ自動車=で190・59点、合計284・81点。SP2位から出た17歳の鍵山優真(星槎国際高横浜)はフリー180・19点、合計278・79点で昨年に続き、3位表彰台入りした。

 自身の演技終了後、リンクサイドで羽生のフリーを見届けた宇野は、メダリスト会見で、改めて羽生への思いを口にした。「ゆづくんの演技を見て、『こんなにも差があったんだ』と思った。失礼な発言になってしまうかもしれないんですけど、すごくうれしかったです。僕の目標がゆづくん。これはどの大会ではなく、多分目標がゆづくんなんだなと思いましたし、『すげ~なあ』って思いながら見させて頂きましたし、ほんとにうれしかったです」と語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請