5組参加のアイスダンス 首位は小松原美里、小松原尊組 村元哉中、高橋大輔組は2位発進

スポーツ報知
小松原美里、小松原尊組

◇フィギュアスケート 全日本選手権 第2日(26日、長野・ビッグハット)

 アイスダンスのリズムダンス(RD)が行われ、3連覇を狙う小松原美里と、ティム・コレト改め日本名の小松原尊で参加したカップル(ともに倉敷FSC)が、71・74点で首位発進した。

 試合開始前の午前中の公式練習で左膝を負傷した村元哉中と、高橋大輔組(ともに関大KFSC)は、67・83点で2位につけた。

 3位は深瀬理香子(大東大)、張睿中オリバー(カナダ)組は62・02点。平山姫里有、立野在組(ともに倉敷FSC)が56・61点で4位につけ、矢島榛乃(ムサシノFSC)、池田喜充(日大)組が47・89点で5位だった。

 RD、フリーダンスとの総合得点で順位を決め、フリーダンスは27日に行われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請