新谷仁美、3000&5000メートル日本記録ラッシュで五輪弾み

練習を公開し、フォトセッションに笑顔で臨む(左から)横田真人コーチ、新谷仁美、野口英盛監督
練習を公開し、フォトセッションに笑顔で臨む(左から)横田真人コーチ、新谷仁美、野口英盛監督

 陸上女子1万メートルで東京五輪代表に内定した新谷仁美(32)=積水化学=が25日、都内で練習を公開した。来夏の五輪でのメダル獲得を目標に掲げ、「1万メートルで29分台を出すために、5000メートルの日本記録更新というのは最低条件。あとはハーフマラソンと、3000メートルのショートな距離でも記録を狙いたいですね」と、複数種目での日本新をステップにするプランを明かした。

 4日の日本選手権同種目で18年ぶりに日本記録を更新する30分20秒44で優勝。日本新での代表内定にも、「うれしい気持ちはあるが、そこに酔いしれている場合ではない」と、通過点として捉えている。来季日程はコロナ禍で未定だが、記録を狙うレースを想定。スピード、スタミナ両面でのレベルアップを目指しており、「単純なスピード強化より、総合タイムを(世界トップに)近づけて、私の土俵に持っていく方が結果に結びつく」。スパート勝負ではなく、ハイペースで展開することで後続をふるい落とすレースプランも見据えて、鍛え上げる。

 レコードホルダーとして五輪に臨むという青写真を描き「来年は勝負の年。勝負して、勝って、タイトルを持って帰りたい」と宣言。貪欲な女王は、記録も称号も手に入れる。(太田 涼)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請