【晴山由梨きょうも釣り日和】寒さも吹き飛ぶ肉厚の寒ビラメ…茨城・大洗沖

スポーツ報知
由梨ちゃんが釣り上げた2キロ近い中型ヒラメ。体高があり肉厚だった(昭栄丸で)

 釣りガールの晴山由梨が、茨城・大洗沖でヒラメを狙った。12月から茨城の海域で全面解禁になり数釣り、大型狙いともに好調な大洗港の報知指定・昭栄丸に乗船した。取材した10日は、朝から強い北風と冷たい雨が続く悪条件。由梨ちゃんはヒラメのアタリを出すのに苦戦したが、見事に2キロ近い中型を釣り上げ、今年の釣りを締めくくった。

 冬の釣りといえば、やっぱりヒラメ。釣りの楽しさはもちろんのこと、この時期のヒラメは「寒ビラメ」と呼ばれ、身が厚くなり、脂が乗っておいしくなります。12月1日には茨城の海域でもヒラメ釣りが全面解禁になりました。特に茨城の海で釣れる魚は、「常磐もの」と呼ばれブランドになっています。今回、お邪魔した昭栄丸でも乗合船が12月から本格的にスタートしました。取材日は平日にもかかわらず、船はほぼ満員状態。すごい人気です。

 出船時間の午前5時30分には真っ暗だった空も、釣り場の大洗沖に着く頃には、徐々に明るくなり始めます。餌の生きイワシが配られて釣り開始です。イワシが弱らないようにそっとつかんで、親バリと孫バリを刺します。イワシの目を隠すようにして持つと、イワシがあまり暴れなくてハリが刺しやすいですよ。餌を付けたら仕掛けを底まで落としていきます。水深は30メートル。開始直後から周りではちらほらヒラメが釣れだしましたが、私にはなかなかアタリがありません。

 この日は朝から強い北風が吹き、冷たい雨が降る悪条件。でも負けないぞ~。釣り場の移動中に新しいイワシにチェンジ。オモリを底から50センチ上げたところでアタリを待っていると、ゴンゴンと明確なアタリ。元気なイワシに交換したのがよかったようです。でも、この釣りで即合わせは禁物。かと言って、遅すぎても逃げられてしまうので、しっかり竿先が引き込まれるタイミングを見計らいます。この時間がドキドキハラハラしちゃうんですよね。竿先に集中しすぎて、まばたきするのも忘れてしまいます。

 しばらくしてグンと竿先が入ったタイミングで、ゆっくり竿を持ち上げると、しっかりと魚の重みが加わりました。やった~! リールを巻いている間もグイグイと竿を締め込んできます。水面にヒラメが姿を現すと、隣で釣っていた方が竿を置いてタモ網ですくってくださいました。ありがとうございます。釣り上げたのは、2キロ近い中型サイズのヒラメ。横から見ると体高があって肉厚。まさに「常磐もの」の寒ビラメです。あまりのうれしさに寒さも吹き飛びました!

 次のアタリでは40センチを超す良型のアイナメもゲットしました。船ではほかにイナダや黒メバルなども釣れていました。様々な魚に会えるのもこの釣りの魅力です。冬本番で寒いですが、肉厚のヒラメを釣るチャンスですよ。(晴山 由梨)

 ◆晴山 由梨(はれやま・ゆり) 鳥取市生まれ。広島大学教育学部卒。2013年のフィッシングショーで4代目アングラーズアイドルに選ばれた。「YouTube『晴山由梨のゆり飯』では、私が釣ってきた魚をさばいて食べる動画を公開しています。チャンネル登録をお待ちしております。このほかのイベント出演などについてはインスタグラムなどでお知らせします。チェックしてみてください」

 ◆めも ヒラメ釣りの近況、乗合船は大洗港昭栄丸(TEL029・267・5396)。乗合船は午前5時集合。同5時30分出船。料金は氷、イワシ20尾付きで1万2500円(税込み)。レンタルタックル、駐車場あり。

 このほか以下の船宿からも乗合船が出る。

 平潟港第3隆栄丸(TEL0293・46・2133)。スロージギングで狙える

 日立久慈港大さん弘漁丸(TEL0294・52・3504)

 那珂湊港源丸(TEL029・265・7718)

 鹿島港植田丸(TEL0299・82・3773)

 波崎港信栄丸(TEL0479・44・1224)

 外川港大盛丸(TEL0479・23・3362)

 飯岡港太幸丸(TEL0479・63・1902)

 片貝港源七丸(TEL0475・76・2002)

 大原港松栄丸(TEL0470・62・0571)

 網代港森竜丸(TEL0557・68・1477)

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請