【広島】松山竜平”ノーモア離脱”「春先からけがのない状態で」

広島・松山竜平
広島・松山竜平

 広島・松山竜平外野手(35)が来季は1軍でプレーし続ける決意を示した。

 今季は108試合で打率2割7分7厘、9本塁打、67打点。得点圏打率はチームトップの打率3割2分4厘をマークしたが、「数字は全体的に物足りなさがあった」とシーズンを振り返った。

 2月の春季キャンプで腰を痛め、離脱。5月にはコンディション不良で再び1軍を離れ、3軍で調整した。6月27日の中日戦(ナゴヤD)でスタメン復帰したが、開幕に間に合わなかったことを悔やみ「来年はしっかり春先からけがのない状態で入っていけるようにしたい。(疲労回復のために)特に新しくというよりは、しっかり休むときは休むようにしている」とオンとオフの切り替えを意識しながらトレーニングを続けている。

 新年は7日から鹿児島県内で林晃汰内野手(20)とともに自主トレに励む予定。「とにかくこの2年間悔しい思いをしているので、みんなで頑張っていきたい」とV奪回を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請