【DeNA】飛雄馬が現役引退…球団に残りスクールコーチに

スポーツ報知
16年春季キャンプでアレックス・ラミレス監督(左)からMVP賞を贈られ笑顔の飛雄馬

 DeNAの飛雄馬内野手(29)が現役引退することが23日、分かった。三菱重工広島から11年ドラフト7位で入団。15年には主に遊撃で自身最多の59試合に出場した。

 今季は7年ぶりに1軍出場がなく戦力外通告を受け、トライアウトを受験したがこの日までに決断した。「(15年4月25日のヤクルト戦の決勝打で)ハマスタでお立ち台に上がれたことが一番の思い出です。珍しい名前で9年間プロでやらせてもらえた。支えてくださった全ての人に感謝したいです」。ベンチでは特徴ある声で盛り上げ役を務め「なかなかできることじゃない」と、中畑元監督からも認められていた元気者。今後は球団に残り野球振興部のスクールコーチを務める予定だ。

 ◆飛雄馬(ひゅうま・松井 飛雄馬)1991年3月17日、大阪府生まれ。29歳。江の川高(現石見智翠館)から三菱重工広島を経て11年ドラフト7位で横浜入団。通算92試合、打率1割8分2厘、2本塁打、11打点。右投右打。独身。

DeNA飛雄馬引退[0xF60xC0]

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請