【ロッテ】清田育宏、球団初保留「いろいろ折り合わないことがあった」

スポーツ報知
契約更改を保留し会見する清田育宏(代表撮影)(カメラ・中島 傑)

 ロッテの清田育宏外野手(34)が23日、千葉・ZOZOマリンで契約更改に臨み、保留した。今季年俸は6000万円で、チームとしては今オフ初の保留者となった。

 清田は「契約内容とかいろいろ折り合わないことがあった。今日は時間がなかったので保留という形にさせていただきました」と説明。提示額についても「決まった時に話します」と増減も一切明かさなかった。今季は出場70試合中21試合が代打。代打では打率5割をマークし、シーズン終盤には4番を任された。

 今季取得した海外FA権の行使を熟考していたが、今月上旬に残留を決断。「今年は使われ方が難しい中で1年間けがなく頑張れたかなと思ったけど…」と表情を曇らせた。松本球団本部長は「引き続き話をして丁寧に説明していく。今年中に(次回交渉が)できれば」とコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×