京口戦中止のタノンサック、会見で来年の対戦熱望 24日にいったん帰国

スポーツ報知
タノンサック

 コロナ禍の影響により、WBA世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチが中止となった同級10位・タノンサック・シムシー(20)=タイ、グリーンツダ=が23日、大阪市内の同ジムからオンライン会見を行い、来年の対戦を熱望した。年内の挑戦が実現しなかった同級スーパー王者・京口紘人(27)=ワタナベ=へ向け「京口選手、早く元気になって。試合をやりましょう」とアピール。「グリーンツダジムで3か月間、練習して強くなれた。まだまだ強くなれる」と自信を見せた。

 この一戦は11月3日、インテックス大阪で予定されたが、京口とそのチーフセコンドが新型コロナウイルスに感染し、試合前日にキャンセルに。興行主のワタナベジムは12月26日に仕切り直す計画で動いていたが、コロナ感染拡大により、断念した。グリーンツダジムの本石昌也会長によると、来春ごろの対戦をメドに、WBA本部からの指名試合などを除いて京口側が対戦相手を決められる選択試合の場合、タノンサックを挑戦者の第1候補とする書面を交わしたという。

 タノンサック、マネジャーでチーフセコンドのプーム氏、セコンドの元世界王者・スリヤン氏の陣営3人は24日にタイへいったん帰国。日本での試合が正式に決まれば再び来日する。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請