【浦和】FW興梠、右腓骨筋腱脱臼で手術 全治約3か月で来季開幕戦の出場は厳しい状況に

スポーツ報知
浦和・興梠慎三

 浦和は21日、FW興梠慎三(34)が右腓骨筋腱脱臼と診断され、手術を受けたと発表した。全治まで約3か月の見込み。

 興梠は19日の最終節、ホーム・札幌戦(埼玉、0●2)で先発出場。前半26分に相手と競り合った際に右足首を痛めて担架で運ばれ、同30分に途中交代した。

 試合から2日がたったこの日、手術を受けた。全治約3か月の見込みで、来年2月26日に予定されるJ1開幕戦への出場は厳しい状況となった。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×