馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 新潟

【有馬記念データ】牝馬の活躍が目立った1年… 牝馬が連覇なら60年ぶりの快挙

クロノジェネシス
クロノジェネシス

 ◆第65回有馬記念・G1(12月27日・中山競馬場・芝2500メートル)

 2020年の中央競馬を締めくくる有馬記念。今年の牡牝混合G1では、天皇賞・春を除いて、全て牝馬が連対中。牡牝混合G1で、牝馬が年間8勝を挙げたのは、グレード制を導入した1984年以来初めてで、牝馬の活躍が目立った1年だった。

 今年の有馬記念には、クロノジェネシス(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)、ラヴズオンリーユー(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)、ラッキーライラック(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎)、カレンブーケドール(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)、サラキア(牝5歳、栗東・池添学厩舎)の5頭が出走予定。昨年は、牝馬のリスグラシューがVとなったが、牝馬が2年連続Vとなれば、60年ぶりの快挙となる。また、有馬記念での牝馬のワンツーフィニッシュはレース史上ない。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請