【オリックス】ステフェン・ロメロ、1年で楽天から“Uターン移籍” 経験豊富な助っ人に再注目

スポーツ報知
ロメロ

 オリックスが楽天を自由契約になったステフェン・ロメロ外野手(32)を獲得することが20日、決定的となった。故障の多さから昨季限りで退団した助っ人に再注目し、来季の新戦力として復帰オファーを準備。この日までに交渉が大筋で合意したことが分かった。

 ロメロは17年にオリックスへ加入。在籍3年間で69本塁打を放った。昨年は右脇腹痛などで3度の登録抹消を経験するなど、懸念してきたコンディション面についても、全120試合だった今季は103試合に出場。24本塁打と長打力も発揮し、復調していると判断したようだ。来日1年目から打撃技術や、日本野球へ対応力などを高く評価。楽天を自由契約となり、本格的に調査を進めていた。

 チームは2年連続最下位に沈み、442得点もリーグワースト。攻撃力強化は不可欠だった。外国人野手では、メジャー通算1939安打のジョーンズが来季2年目。9月以降で12本塁打と量産したモヤも残留が決まっている。経験豊富なロメロが加わることで、助っ人野手陣の調子に合わせた柔軟な起用が可能。3人が同時出場すれば、首位打者の吉田正やT―岡田らと超重量打線を形成できるのも魅力だ。

 オリックスの外国人では13年のフェルナンデス、15年のカラバイヨがともに4年ぶりに復帰を果たしている。新型コロナウイルスの影響で例年より補強がスムーズに進まない状況もあり、わずか1年での“Uターン移籍”が実現間近。日本を、オリックスを知り尽くすロメロにかかる期待は大きい。

 ◆主な“Uターン”助っ人      

 ▼ローズ(近鉄) 1995年オフにレッドソックスから移籍。2003年オフに巨人移籍後、06年には米帰国も、近鉄と合併したオリックスの入団テストを07年春に受け、4年ぶりに“バファローズ”復帰。本塁打王を計4回、打点王を計3回。

 ▼シコースキー(ロッテ) 01年途中にレンジャーズから移籍。巨人を経て米球界に戻ったが、07年ヤクルトを経て、08年に5年ぶり復帰。10年に西武でセーブ王。

 ▼セギノール(オリックス) 01年オフにエクスポズから移籍。1年で帰国も04年の日本ハム移籍から米球界、楽天などを経て10年に8年ぶり復帰。04年に本塁打王。

 ▼スタンリッジ(ソフトバンク) 07年途中にロイヤルズから移籍。09年の帰国を挟み阪神移籍を経て14年に6年ぶり復帰。

 ◆ステフェン・ロメロ(Stefen Romero)1988年10月17日、米アリゾナ州生まれ。32歳。2010年ドラフト12巡目でマリナーズ入団。14年にメジャーデビューし、青木や岩隈ともプレー。メジャー通算94試合で打率1割9分5厘、4本塁打、17打点。16年オフにオリックスに入団し、19年オフに楽天へ移籍。NPB通算406試合で打率2割6分9厘、93本塁打、255打点。188センチ、100キロ。右投右打。今季年俸は6600万円。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請