【楽天】則本昂大、復活へワインドアップ 自主トレ&キャンプで「フォーム確立」

18年、ワインドアップで投球する則本昂大
18年、ワインドアップで投球する則本昂大

 楽天・則本昂大投手(30)が20日、復活へワインドアップのフォームに再変更することを視野に入れていることを明かした。今年は開幕直前から無走者時もセットポジションのフォームで戦い抜いたが、来季へ「体の全筋肉を使い、躍動感があるフォームをもう一回取り戻すことができたらいい」との方針を示した。

 昨年3月に右肘のクリーニング手術を受けたエースは2年連続5勝に終わった。「腕が振り切れないとか、投げ切れないというのがあったのは事実」。開幕延期を利用してフォームの試行錯誤も続けたが「ワインドアップも含め、オフにフォームを固めていけたら」と今オフもアップデートを図る。

 今季は相手を封じる上で外角低めに投げ切る「原点」の重要性も痛感したという右腕。「自主トレ、キャンプの中でフォームを確立し、ある程度投げ込む必要がある。それさえできれば、原点には投げ切る力はついてくると思う」と前だけを見つめていた。(田中 哲)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請