世羅のテレシア・ムッソーニが5区区間賞 全国高校駅伝女子区間賞コメント

1位でゴールした世羅のテレシア・ムッソーニ
1位でゴールした世羅のテレシア・ムッソーニ

 ◆男子第71回、女子第32回全国高校駅伝(20日、たけびしスタジアム京都発着、男子7区間42・195キロ 女子5区間21・975キロ)

 女子は、15年連続15度目出場の世羅(広島)が1時間7分13秒で5年ぶり2度目の優勝を果たし、5年ぶり2度目の男女アベックVを飾った。

以下は区間賞の選手とコメント

◇1区(6キロ)

酒井 美玖(3年=北九州市立)19分18秒

「楽しかった。(タイムは)予想より悪かった。中間に、もうちょっと上げたかった。自分の区間賞より、チームの順位を上げようと思った。全員、笑顔でタスキを渡せたのでよかった」

◇2区(4・0975キロ)

ワングイ・エスター(2年=興譲館)12分23秒

「12分10秒を目標にしていたので、ちょっと悔しい」

◇3区(3キロ)

中須 瑠菜(3年=神村学園)9分37秒

「悔しい気持ちは変わりないけど、やりきれたという気持ちもある。タイムは全然だけど、順位を上げられたという点では、チームに少しでも貢献できた」

◇4区(3キロ)

鳥居 華(3年=神村学園)9分15秒

「去年は(4区)区間2位で2秒差で負けた。その時に仙台育英さんの方が、タスキ渡しの時に1秒を削り出す走りが印象に残っていた。1秒を削り出す気持ちで走った」

◇5区(5キロ)

テレシア・ムッソーニ(3年=世羅)14分37秒=区間新

「本当にうれしいです。先生たちや地域の人々、チームメートのサポートが力に変わった。今年いろいろ悔しさがあって、この大会で晴らそうと思って走りました」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請