全国高校駅伝女子、北九州市立は4位 1区酒井が区間賞

4位でゴールする北九州市立・野田真理耶
4位でゴールする北九州市立・野田真理耶

◆男子第71回、女子第32回全国高校駅伝(20日・たけびしスタジアム京都発着、男子7区間42・195キロ 女子5区間21・975キロ)

 女子は、2年ぶり10回目の出場となった北九州市立(福岡)が1時間8分8秒で4位フィニッシュした。

 1区の酒井美玖(3年)がスタート直後に先頭に立つと、勢いそのまま2位との差を22秒広げ、2区にタスキを託した。中継場では満面の笑みでバトンタッチ。「楽しかったです。自分の区間賞より、チームの順位を上げようと思った」とチームのことを考えて走り抜けた。

 19日に59歳になったばかりの荻原知紀監督は「タスキをつなぐのが初体験の子たちで、全国で走れて悔いなくやれたという気持ちで(笑顔でタスキを)渡していたんだと思います」と笑顔。全員が笑顔でタスキをつないだ北九州市立。来年こそ初優勝を飾る。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請