【中日】福留孝介が14年ぶり復帰入団会見「感謝の一言」対戦したい投手は「晋太郎」

スポーツ報知
入団会見を行った福留孝介

 元阪神・福留孝介外野手(43)が18日、名古屋市内の球団事務所で入団会見を行った。古巣復帰は14年ぶり。背番号は「9」に決まった。日米通算2407安打のバットマンは「今年阪神を戦力外になってまたユニホーム着るチャンス、着させていただくことになった。感謝の一言」と喜んだ。

 2007年以来となる竜のユニホーム。中日時代の「1」に、阪神時代の「8」を足した背番号「9」を偶然背負うことになったが「背番号がどうこうではなく、この番号を自分の色にしていければいい」。球団からはチャンスでの一本を期待されたと明かし「そういうところは契約していただいた要因でもある。チャンスを生かして、恩返しじゃないですけど、勝つことで恩を返していければいい」と意気込んだ。

 球界最年長選手として挑んだ今季は43試合に出場し打率1割5分4厘、1本塁打、12打点だった。中日は今季8年ぶりにAクラス入りを決めたが、レギュラー陣に比べて代打勢は手薄。福留は「少しでも勝つことに対して力になりたい。若い選手たちに僕が経験したこと、プラスになることを少しでも伝えていければいい。(若手には)聞きに来て欲しい」。代打の切り札としてだけでなく、京田や根尾ら若手のお手本としても期待されている。

 対戦したい投手には古巣・阪神の藤浪を挙げ「晋太郎ですかね。みなさんが思っている以上に苦しんでいる姿みている。彼の持ってるポテンシャルの高さは誰もが見ているところ。なかなか同じユニホーム着ていると感じることはないですけど、打席に立って感じてみたいですね」と待ち望んだ。

 ◆福留 孝介(ふくどめ・こうすけ)1977年4月26日、鹿児島県生まれ。43歳。PL学園高から日本生命を経て、98年ドラフト1位で中日入団。2006、09年WBCで世界一。07年オフにFAで米大リーグ・カブス入り。インディアンス、Wソックスなどを経て13年に阪神入団。日米通算2407安打、323本塁打、1252打点。首位打者2度、06年にMVP。ベストナイン4度、ゴールデン・グラブ賞5度。182センチ、92キロ。右投左打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×