ラグビー堀江翔太 21年の抱負は「成長」34歳でも満足せず

来年の抱負を「成長」と書いたラグビー日本代表・堀江翔太
来年の抱負を「成長」と書いたラグビー日本代表・堀江翔太

 19年ラグビーW杯日本代表フッカー堀江翔太(34)=パナソニック=が16日、都内で大塚製薬「ボディメンテ」の体調管理キャプテン就任記者会見に出席した。来年の抱負は大きな文字で「成長」と書いた。「ラグビーはできてもあと5年。満足せずにやっていく」と話した。来年1月17日にトップリーグ開幕戦NEC戦(熊谷)を迎え、新たなシーズンが始まる。ベテランの域に入り、体調管理のコツは「ボディメンテを飲むこと」以外にも「オンとオフをしっかりすること」。週2日あるオフは家族と過ごすなど「ただのオジサン」に戻ることでバランスを取っている。

 会見後、様々な業界で活躍する人から体調管理の秘訣を聞く対談企画「堀江がゆく。」第一弾の収録が行われた。東大出身のクイズプレーヤーの伊沢拓司(26)に「年間3800人入るんで。1日10時間勉強ずつ頑張り続ければ。行けると思います」と太鼓判を押されたが「1日10時間!?」とビックリしていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請