【徳島】天国の大杉漣さんに捧げるJ1昇格…息子の隼平さん「きっととても喜んでいると思います」

J1昇格が決まり、喜ぶリカルド・ロドリゲス監督(中央)と徳島イレブン(カメラ・義村 治子) 
J1昇格が決まり、喜ぶリカルド・ロドリゲス監督(中央)と徳島イレブン(カメラ・義村 治子) 

◆明治安田生命J2リーグ第41節 徳島1―0大宮(16日・鳴門大塚スポーツパーク)

 徳島はホーム最終戦で大宮と対戦。前半21分にFW垣田裕暉が今季17得点目となる決勝点を挙げ、大宮に1―0で勝利し、勝ち点を84に伸ばして7年ぶり2度目となるJ1昇格を果たした。福岡が愛媛に勝利したため、J2初優勝は最終節の直接対決まで持ち越しとなった。

 徳島は18年2月に急逝した俳優の大杉漣さんが、熱烈なサポーターとして知られていた。息子で写真家の大杉隼平さんはこの日、自身のツイッターで「徳島ヴォルティスJ1昇格!! スタジアムでその瞬間を見れてとても嬉しかったです。選手が掲げてくれた父の名前の入ったユニフォームを見て、色々な感情が湧き上がってきました。きっととても喜んでいると思います!本当におめでとうございます!!」とつづった。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請