【広島】会沢翼、現状維持の1億8000万円プラス出来高でサイン「悔しいシーズンだった」

スポーツ報知
現状維持で契約更改した会沢翼

 広島の会沢翼捕手(32)が16日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、現状維持の1億8000万円プラス出来高でサインした。新型コロナの影響で不慣れなシーズンになり「なかなか難しいシーズンで僕自身も1回抹消になって悔しいシーズンでしたし、この経験を生かさないといけない。なかなかうまくいかないことも多かった」と振り返った。

 今季は、79試合に出場。打率2割6分6厘、7本塁打、36打点をマークした。9月10日のヤクルト戦(マツダ)ではヤクルト・広岡のファウルチップがマスク越しに顔面を直撃し、1軍を離脱し、3軍でリハビリに励んだ。納得がいく数字については「全くないですね。試合数も僕が大事にしている部分でもありますし、試合に出なくちゃいけないと思っていますしプロ野球選手は試合に出てなんぼだと思っている。そこが一番、試合数が減ったのが悔しいですね」と反省した。

 来季に向けては「最後の最後まで野球をできるように。カープがまた強いんだと言ってもらえるように、一致団結して佐々岡監督を胴上げできるように選手は頑張っていきたい」と優勝を誓った。(金額は推定)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請