ソフトバンク・栗原陵矢や広島・森下暢仁ら参加 12球団の代表選手が、技術と知力で真剣勝負

プロ野球12球団の選手が様々な競技でNO.1を競う読売テレビ「ダイワハウススペシャル プロ野球No.1決定戦 バトルスタジアム」を開催(提供写真)
プロ野球12球団の選手が様々な競技でNO.1を競う読売テレビ「ダイワハウススペシャル プロ野球No.1決定戦 バトルスタジアム」を開催(提供写真)

 プロ野球12球団の選手が様々な競技でNO.1を競う新春恒例の読売テレビ「ダイワハウススペシャル プロ野球No.1決定戦 バトルスタジアム」(来年1月10日、午後1時)が、今年は京セラドーム大阪を舞台に、打力と投手力、そしてクイズで真剣勝負した。

 日本シリーズでMVPに輝いたソフトバンクの栗原陵矢捕手(24)、ルーキーで2桁勝利を達成した広島・森下暢仁投手(23)、20歳にして全試合4番での出場を果たしたヤクルト・村上宗隆内野手、プロ野球界イチのムードメーカー・日本ハムの杉谷拳士内野手(29)ら12人。各球団を代表する人気選手たちがAIピッチングマシンなどさまざまな難敵を相手に大迫力のプレーを披露する。

 またクイズでは、大の巨人ファンでもある東大卒のクイズプレーヤー・伊沢拓司(26)と12人の選手がバトルを繰り広げる。年俸や失敗談など、思わず素顔が垣間見えるぶっちゃけトークも飛び出し、盛り上がる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請