中村匠吾「びわ湖で勝って五輪へ勢いを」 来年2・28に五輪前ラストマラソン参戦

中村匠吾
中村匠吾

 東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾(28)=富士通=が15日、合宿先の鹿児島・徳之島からオンラインで取材に応じた。マラソンの次戦として、来年2月28日のびわ湖毎日マラソンへ出場することを明かした。

 順調にトレーニングを積む中村は「びわ湖で勝って、五輪へ勢いをつけたい。記録も大事だが、まず優勝したい」と意気込む。フルマラソンは昨年9月の代表選考会MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)以来、約1年半ぶり。五輪本番のコースが札幌に移転されたり、五輪そのものも延期となるなど取り巻く環境は大きく変わったが、ブレない心で駆け抜けてきた。

 初マラソンも18年のびわ湖。五輪前最後の42・195キロも同大会になるなど縁が深く「あの時は日本人トップでMGC出場権も得られた。初心に戻るというか、新たな心持ちで五輪に臨める。今度は日本人トップではなく、優勝していい流れでやっていきたい」と落ち着いた表情で話した。まずは五輪イヤー初戦となる21年1月1日のニューイヤー駅伝。4、5区などの主要区間での起用が見込まれるが「区間賞を獲って、チームに貢献できるように」と見据えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請