【G大阪】勝てばACL出場圏ゲットの横浜C戦 宮本恒靖監督は若手抜てき示唆

スポーツ報知
取材に応じたG大阪・宮本監督(写真はクラブ提供)

 G大阪は15日、勝てばACL出場の3位以内が決まる横浜C戦(16日、ニッパツ)に向け、宮本恒靖監督(43)らが取材に応じた。6日に勝利した湘南戦から中9日と間隔があいた中で「いろいろな選手でどういう組み合わせをするのか、考える時間は持てました。そこで若い選手がしっかりと競争してくれたと思います」と指揮官。MF福田が出場停止となる横浜C戦で、19歳MF川崎ら若手を先発に抜擢する可能性が出てきた。

 天皇杯出場圏を得る2位の死守が残りシーズンの目標だが、チームはここにきて負傷者が続出。離脱中のMF井手口、小野瀬に加え、前節はFW宇佐美やDF金もベンチ外となった。宇佐美と金については軽度の負傷であることを明かしていた宮本監督は、現在の2人の状態について「表現の仕方が難しいですけど。まったく別メニューではないですし、一緒にやっているところもある。中期のスパンで考えて調整はしています」と説明。2位となれば天皇杯に準決勝から出場とタイトルをかけた戦いが待っていることもあり、慎重にコンディションを見極める考えを示していた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請