【ソフトバンク】川瀬晃が約3倍の1500万円でサイン 広島・森下、弟・堅斗が刺激に

ソフトバンク・川瀬晃
ソフトバンク・川瀬晃

 ソフトバンク・川瀬晃内野手(23)が15日、福岡ペイペイD内の球団事務所で契約更改交渉を行い、930万円増の1500万円でサインした。(金額は推定)

 今季は今宮の右肩痛での長期離脱もありキャリアハイの70試合に出場。「思った以上の金額だったのでビックリした。一人暮らしを始めるので、いい家電、洗濯機や冷蔵庫を買いたい」と白い歯がこぼれた。今季、打率1割9分1厘に終わった打撃を来季の課題に挙げた。

 大分商でチームメートだった広島・森下が10勝、防御率1・91と1年目から大活躍。弟・堅斗(18)は今年のドラフトでオリックスから育成1位指名された。「身内とプロで一緒にできるのはうれしく思う。森下っていう存在も刺激になった」。昨年まではプロの川瀬が、大学生の森下にごちそうすることが多かったが、森下の年俸は4300万円で自身の約3倍。最近、連絡があったといい「『ご飯行くときは任せろ』と。心強いです」と笑っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請