【西武】浜屋将太が250万円増でサイン 初めての一人暮らしで自炊デビューは「明太子卵焼き」

スポーツ報知
来年の目標を記した色紙を手に笑顔を見せる浜屋(代表撮影 

 西武の浜屋将太投手(21)が11日、埼玉・所沢市内の球団事務所で契約更改に臨み、250万円アップの1550万円でサインした。

 ルーキーイヤーの今季は12試合で3勝3敗、防御率4・97をマーク。開幕1軍を果たし、中継ぎとして4試合に登板したが結果が奮わず、7月下旬に登録を抹消された。だが、ファームでは先発として順調に調整を続け、再昇格した9月16日のロッテ戦(メットライフ)でプロ初先発初勝利を挙げた。

 「1年目から1軍でやらせてもらって、いい経験ができた。課題とかも出てきたので、来年に生かしてオフにしっかりやっていきたい」と振り返った。

 来年からは退寮して、人生初めての一人暮らしをスタートさせる。料理経験はほとんどないというが「自炊を長く続けられるようにしたい」と意欲を見せた21歳。自炊デビューで挑戦したいのは「明太子卵焼き。明太子が好きなので作ってみたい」とにっこり。2年目を迎える来季へ、自身の栄養管理を徹底しながら、さらなる飛躍を目指す。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×