伊東四朗、小松政夫さん訃報に絶句「俺より先に逝くなんて馬鹿野郎。会いたかった」

NHKドラマの会見に出席した小松政夫さん(右端)と伊東四朗(左端、左から2人目は山本耕史、同3人目は志尊淳)
NHKドラマの会見に出席した小松政夫さん(右端)と伊東四朗(左端、左から2人目は山本耕史、同3人目は志尊淳)

 小松政夫さんとはテレビ朝日系「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」の「電線音頭」や、TBS系「笑って!笑って!60分」の「小松の親分さん」などで「最強コンビ」「黄金コンビ」と言われた俳優の伊東四朗(83)は「俺より先に逝くなんて馬鹿野郎。会いたかった」とコメントを寄せた。病気も知らされておらず、突然の悲報に絶句したという。

 「俺より先に逝くなんて馬鹿野郎。会いたかった」。短い言葉の中にも、悔しさがにじみ出た。伊東は所属事務所を通じて文書によるコメントを発表した。

 この日夕方、自宅で事務所関係者から亡くなったことを伝え聞いた。肝細胞がんを患っていたことも知らされていなかったようで、驚きのあまり絶句した。「信じられず、かなり動揺していた」(事務所関係者)といい、ショックの大きさをうかがわせた。

 5歳下の小松さんとは、昭和のお茶の間を沸かせた名コンビだった。「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」で「しらけ鳥音頭」「電線音頭」が人気に。TBS系「笑って!笑って!60分」(75年4月~81年3月)では「小松の親分さん」などのネタでお茶の間の視線をくぎ付けにした。小松さんはスポーツ報知のインタビューに「伊東さんほど仕事に厳しい人はいません。視聴者もスタッフもアドリブが多いと思っていたでしょうが、アドリブは全然なかった」と語っていた。

  • 小松政夫さんの歩み

    小松政夫さんの歩み

 伊東は5月10日に予定していた自身主催のトークライブ「あたシ・シストリー」(東京・紀伊國屋サザンシアター)に小松さんをゲストとして招待していたが、新型コロナウイルスの影響で中止となった。コロナ禍が落ち着いた際にはまた一緒にやれるだろうと、再度のステージ共演を熱望したが、かなわなかった。

 伊東は悲しみをこらえ、12日に文化放送のレギュラー番組「伊東四朗 吉田照美 親父・熱愛(パッション)」に生出演する。放送前には報道陣に対応し、思いを語る。偶然にも、番組には「みごろ!―」に出演し、オープニングテーマを歌った元キャンディーズの伊藤蘭(65)がゲスト出演を予定。小松さんとの昔話に花が咲きそうだ。

NHKドラマの会見に出席した小松政夫さん(右端)と伊東四朗(左端、左から2人目は山本耕史、同3人目は志尊淳)
小松政夫さんの歩み
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請