馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 中京

【香港マイル】海外競馬通・成田幸穂が香港マイルの前哨戦を分析…G2ジョッキークラブマイルを分析

 香港国際競走が12月13日に香港のシャティン競馬場で行われる。小欄ではG1香港マイル(芝1600メートル)へ向けたステップレースとして、11月22日のG2ジョッキークラブマイル(シャティン競馬場・芝1600メートル=7頭立て)を取り上げたい。

 ジョッキークラブマイル組は過去5年の香港マイルで3勝、2着4回、3着5回。昨年は日本のアドマイヤマーズが富士S(9着)をステップに優勝したが、2着ワイククと3着ビューティージェネレーションはジョッキークラブマイルからの転戦だった。

 今年はゴールデンシックスティ(セン5歳、香・ルイ厩舎)が優勝。道中は中団を追走し、最後の直線では抜群の末脚を使って突き抜けた。勝ち時計は1分32秒91(良馬場)。

 1馬身半差の2着にカーインスター(セン5歳、香・クルーズ厩舎)。先手を取りながらもしっかりと脚をためて最後まで伸びたが、ここは勝った相手が強過ぎた。差のない3着にサザンレジェンド(セン8歳、香・ファウンズ厩舎)。カーインスターをマークする形で2番手につけて、しぶとく粘り込んだ。

 レースラップを振り返ると、前半800メートルが47秒86、後半800メートルが45秒05。前半より後半が約2秒8速く、逃げ馬ながら速い上がりを使えるカーインスターが押し切りそうなものだが、ゴールデンシックスティがメンバー中最速となる上がり400メートル21秒89(カーインスターは22秒53、サザンレジェンドは22秒42)の末脚で差し切った。

 勝ったゴールデンシックスティは昨シーズン、香港のクラシック競走に相当する4歳シリーズ3戦(香港クラシックマイル、香港クラシックC、香港ダービー)を完全制覇。今シーズンもG3セレブレイションC、G2シャティントロフィーを制しており、ジョッキークラブマイルで10連勝となった。

 香港マイルへ向けた展望としては、勢いのあるゴールデンシックスティは当然有力候補。課題はベテラン勢と同斤量(57キロ)になることだろう。セレブレイションCとシャティントロフィーでは古豪ビューティージェネレーション(セン8歳、香・ヘイズ厩舎)を破ったが、ゴールデンシックスティの斤量はそれぞれ52・5キロ、56キロ、ビューティージェネレーションは2戦(それぞれ2着、6着)ともに60・5キロと、大きな斤量差があった。今度が真価を問われる一戦となる。

 カーインスターとサザンレジェンドも見限れない。特に後者はジョッキークラブマイルで上位2頭より2キロ重い58キロを背負っており、本番での巻き返しには注意したい。4着マイティジャイアント(セン5歳、香・イウ厩舎)、最下位7着シンプリーブリリアント(セン6歳、香・ロー厩舎)は上位勢と差があり、さすがに香港マイルでは力不足だろう。

◆成田幸穂(なりた・さちほ) 1984年8月8日、東京生まれ。(株)サラブレッド血統センター所属。週刊競馬ブック連載「海外競馬ニュース」の編集を担当。同誌のほか、研究ニュースで予想コラム「血統アカデミー」を執筆中。12月6日(日)16時30分から、ラジオNIKKEI第1「香港国際競走実況中継」に出演予定。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請