奈良葛城、逆転でベスト8へ駒進めた!…第51回春季全国大会奈良県支部予選

投打で勝利に貢献した奈良葛城・青山
投打で勝利に貢献した奈良葛城・青山

◆第51回春期全国大会奈良県支部予選 ◇中学生の部 ▽1回戦 奈良葛城ボーイズ4―3大和ボーイズ(6日・佐藤薬品スタジアムほか)

 「第51回春季全国大会」(報知新聞社など主催、令和3年3月26日開幕予定)の奈良県支部予選がスタート。6日は1回戦3試合が行われ、奈良葛城ボーイズがベスト8へ駒を進めた。

 身長185センチ、エースで4番を務める青山の活躍が、奈良葛城に勝利をもたらした。「とにかく勝ててよかった」。この短い言葉に、安堵(あんど)の思いが込められていた。

 先発したマウンドでは苦しんだ。4回に先制を許し、5回にも失策絡みで2点を追加された。それでも、伸びのある直球を武器に7回5安打3失点(自責0)と粘投。攻撃中はベンチから、大声でナインを鼓舞し続けた。

 その声に打線が応えたのが6回だ。1死一、二塁の好機をつくると、作田が中越えへ適時二塁打。なおも2死二、三塁から上田潤が中前へ2点タイムリーを放った。値千金の同点打に3番打者は「ストレートを狙っていた。超気持ちいい!」と笑顔。さらに2死一塁で青山自らが、右中間へ適時二塁打を放ち、試合をひっくり返した。

 背番号「1」を中心につかんだ貴重な1勝。萬野監督も「悪い面がたくさん出たので、次の試合は落ち着いて試合ができるはず。ナインもゲームセットまで諦めたらダメと勉強になったと思う」と前向きだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請