馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 中京 小倉

名勝負の予感(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は在宅勤務でのパッチパチ。これから、このパターン増えてくるのかな、また。早速、行ってみましょうか。

 さて、世間では「鬼滅の刃」が相変わらず、今度は劇場版で非常に盛り上がっています。最近はよほどのきっかけがないと、漫画の新規開拓をする気分にならず、まだ読んでいないんですけど、何でこれほどまでに盛り上がるんでしょうねぇ。まぁ、面白いから読んでみろと言われれば、それまでなんですが、理由の一つと思っているのが、すでに連載が終了、しかも人気の絶頂期に終わってしまったところかな、と。

 子供の頃から、たまに人気の漫画で「引き際」を逃したな、という作品があったりするんですよ。昔のあの頃は面白かったと、友人との思い出話が多くなったりしてね。ただ、例えば「スラムダンク」だったり、スパッと終わったモノは「その後」を推測する話で盛り上がったり、ずっといいイメージのままで生き続けていたりする。だから、鬼滅ロスなんて言葉がある時期に終わったのが、お見事だなと思うワケです。まぁ、全くストーリーを知らない人間が言うことだけに、軽く流してもらえると、ありがたいんですが…。

 さて、ボヤきたおしたところで、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。阪神6Rの新馬は矢作厩舎から【ペガサスハーツ(牝、父ハーツクライ、母マリンフェスタ)】が出走します。この馬、春先のPOG取材会で、センセイの評価が非常に高かったんですが、夏デビューだと思っていたんですよ。ところが、この時期のデビュー。こちらは、血統的な面も含め、脚元を考慮したものだと言います。「動きますね。芝でも大丈夫だと思いますけど、歩様に硬さもあるので、まずはこの条件からだと思います。今週もやり過ぎないように、という追い切りでした」と安藤助手。お母さんを始め、子供のレンイングランドやケイリンボスなど矢作厩舎と相性のいい血筋ですので、まずはデビューVから軌道に乗ってほしいものです。

 さて、阪神9Rはエリカ賞。このレースは過去に数々の有名馬が出走していますよね。一昨年から復活して、その18年は2着ブラヴァス、3着タガノディアマンテが先週の重賞で2着に入りましたし、昨年の勝ち馬ヒュッゲもオープン入り。さらに振り返ると、勝ち馬にはエイシンフラッシュやキングカメハメハ、アドマイヤベガ、タヤスツヨシのダービー馬や、ヴィルシーナやアドマイヤグルーヴといった名牝、クロフネなど、まぁ活躍馬がズラリと並びます。そして、今年も面白そうなメンバーがそろいました。

 まずは友道厩舎の【ヴェルトハイム(牝、父ロードカナロア)】。友道調教師は昨年まで4年連続で、このレースに管理馬を出走させていますが、牝馬による参戦は先ほども書いた11年のヴィルシーナ以来。初戦は道中で置かれ気味の追走でしたが、実に長く脚を使っての余裕ある差し切り。スケールの大きさを感じさせました。「ゲートの遅さも含めて(笑い)、全部調教通りだった。これぐらいの距離が合うと思うし、昇級でも楽しみにしています」とは友道調教師。その初戦と同じ舞台ですし、少頭数の一戦でもあります。初戦の再現も十分に期待できるのでは。

 池江厩舎の【ディープモンスター(牡、父ディープインパクト)】は小倉での新馬を競走除外となり、仕切り直しとなった前走のデビュー戦で快勝。その時、夏の小倉より良くなっているという陣営の話を書いたんですが、「さらに上積みあり、という感じですね」とは池江調教師。あの小倉の後、無理せずに一度立て直したことで馬体が良化し、それが動きにもつながっている印象です。池江厩舎の来春のクラシック候補はこれかな、という雰囲気が漂っています。しかし、このレースは8頭立てながら、正直どの馬でも上位にきそうな雰囲気。まさに「少数精鋭」という言葉がぴったりです。

 その中で、またも人気薄となりそうなのが藤原英厩舎の【エイカイファントム(牡、父キズナ)】。前走、藤原英厩舎というのに、単勝140倍を超える配当に驚かされました。「前走は折り合い良く運べていた。かかる馬ではない。徐々にしっかりしてきた。ゆったり運べる距離もいい」と田代助手は距離適性の適性の高さを強調。今週からBコースになりますし、再び先行策から驚かされてもおかしくありません。

 さて、このエイカイのお話も含め、ここからは久しぶりにガッポ内尾先輩の藤原英厩舎情報を。今週か来週のデビューを見据えている馬が2頭。【セブンフォールド(牡、父ディープインパクト、母カルティカ)】と【エイカイステラ(牝、父オルフェーヴル、母ヴィヤダーナ)】です。セブンは欧州G12勝の姉を持ち、エイカイは半兄にダノンメジャーがいますね。あと、先週の未勝利を勝った【ヴィアルークス(牝、父ディープインパクト)】は一度放牧に出され、先週の未勝利で10着だった【ベルヴォーグ(牝、父ジャスタウェイ)】は19日の阪神ダート1800メートルへ向かうとのこと。この馬、ダートでどんな走りをするのか興味あるんですよね。ということで、ガッポ先輩、ありがとうございます。

 では、ネット限定「厳選馬」なんですが、本日は阪神6Rの9ペガサスハーツで。早くから矢作調教師の期待度を聞いていた素質馬に乗ります。続いては「馬券王への道 延長戦」をどうぞ。

阪神3R・7ビップレックス(前走は発馬がすべて。五分に出れば、スピードが生きるはず)

阪神11R・7イベリス(ここは先行馬少ないうえに、今週からBコース。実績ある舞台で復活)

阪神12r・2ルドンカズマ(手の合う松若Jとのコンビ。2走前は発馬でロスあった)

中京9R・11フェアレストアイル(中間の動きが郡と良化。引き続き、左回りも合うはず)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請