青学大・原晋監督「絆大作戦」で連覇だ…コロナ禍での箱根「駅伝の原点、絆を大切に臨みます」

第97回箱根駅伝に向けて「絆大作戦」を発令した青学大の原晋監督
第97回箱根駅伝に向けて「絆大作戦」を発令した青学大の原晋監督

 第97回箱根駅伝(来年1月2、3日)に出場する21チームのオンライン会見が10日、行われ、2年連続6度目の優勝を狙う青学大の原晋監督(53)は「絆大作戦」を発令した。主催の関東学生陸上競技連盟は新型コロナウイルス対策として、駅伝ファンに「観戦・応援目的での外出はお控えください」というメッセージを発信。異例の大会に向けて、原監督は「駅伝の原点、絆を大切に臨みます」と話した。この日、各チームの登録16選手が発表された。

 ワクワク、ハッピー、ゴーゴー…、これまでの大作戦シリーズとは一線を画す。原監督は「絆大作戦」の意図を力説した。

 「今年、コロナ禍に見舞われ、多くの人々が故郷の家族や仲間、彼女や彼氏と会いたくても会えない状況になってしまった。大学駅伝界でも出雲が中止になった。全日本も箱根もなくなってしまうかもしれない、と学生は不安になる時もあった。そんな中でも、4年生が中心になり、下級生を鼓舞しながら、チーム一丸となって、厳しい練習に耐えてきた。学生の頑張りを目の前で見てきた指導者としては箱根駅伝が開催されることは本当にありがたい。駅伝の原点である絆を大切にして臨みます」

  • 原監督発令の箱根大作戦

    原監督発令の箱根大作戦

 今季の青学大は例年以上に強い絆で結ばれている。全日本では主将の神林勇太(4年)が7区区間賞の激走で首位に浮上したが、最終8区でエースの吉田圭太(4年)が駒大、東海大、明大に抜かれ、4位に終わった。「みんなに顔向けできないから寮に帰りたくなかった」と傷心のエースを思いやり、その夜は4年生全員が吉田の部屋に集まった。陸上雑誌恒例企画の今年のチーム3大ニュースに「エース吉田が大ブレーキ」をノミネート。「優しいです。イジってくれて救われた」と、吉田は笑顔で話す。

 この日、登録メンバー16人が決定。前回、エース区間の2区で日本人1年生最高記録の1時間7分3秒の区間5位の激走で首位に立った岸本大紀(2年)が股関節痛の故障から復活途上のためメンバーから外れた。「将来のある選手だから無理をさせられない。それに20人以上が箱根駅伝で戦える状態なので、無理をさせる必要もない」と、原監督は総合力に自信を見せる。

 神林&吉田の2トップをはじめ岸本以外の主力は順当にメンバー入り。1年前、左ふくらはぎ故障で、登録メンバー入りを辞退し、留年して箱根再挑戦することを決めた実質5年生の竹石尚人(4年)も2年ぶりに名を連ねた。「例年以上にコミュニケーションが取れています。チームのために、もう一度、5区を走って優勝に貢献したい」と、竹石は執念をにじませる。

 「全員がキーマン。目指すは総合優勝。そこに向けてチーム一丸で戦っていきたい」と、“一丸”を繰り返した原監督。「絆大作戦」は、既に成功しているともいえる。(竹内 達朗)

第97回箱根駅伝に向けて「絆大作戦」を発令した青学大の原晋監督
原監督発令の箱根大作戦
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請