箱根駅伝登録メンバー発表 東洋大は「4代目・山の神」候補の宮下隼人、復活期すエースの西山和弥ら順当にメンバー入り

東洋大・宮下隼人
東洋大・宮下隼人

 来年1月2、3日に行われる第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝、報知新聞社後援)を主催する関東学生陸上競技連盟(関東学連)は10日、出場21チームの登録メンバー16人を発表した。関東学連は新型コロナウイルス感染防止対策として、駅伝ファンに「観戦・応援目的での外出はお控えください」というメッセージを発信。シード10校、予選会通過10校、オープン参加の関東学生連合の計21チームが未曽有の大会に臨む。

 前回、シード権ぎりぎりの10位にとどまった東洋大は、前回5区で区間新記録の区間賞を獲得した宮下隼人(3年)をはじめ、1、2年時に連続して1区で区間賞を獲得したエースの西山和弥(4年)、強力ルーキーの松山和希ら主力が順当にメンバー入りした。前回は11年連続していた3位以内を逃したが、今回は再び上位を目指す。

 上位進出のためのキーマンは、西山と宮下だ。

 西山は1、2年時に1区で区間賞を獲得したが、3年時の前回は14位と苦戦。今季の全日本大学駅伝でも7区で11位と失速した。西山が1、2年時のような勢いを取り戻すことが期待される。

 相沢が卒業した後の切り札は宮下だ。前回5区で1時間10分25秒の区間新記録で区間賞を獲得。今回は、ほぼ同じコースで行われた2005年に順大の今井正人(現トヨタ自動車九州)がマークした1時間9分12秒の「事実上の区間記録」の更新を目指す。「初代・山の神」と呼ばれる今井超えを果たせば「2代目」の柏原竜二(東洋大)、「3代目」の神野大地(青学大)に続き「4代目・山の神」を襲名することになりそうだ。

 東洋大の登録メンバー16人は以下の通り(名前、学年、出身高校)。

大澤 駿〈4〉(山形中央)

小田太賀〈4〉(浜松商業)

西山和弥〈4〉(東農大二)

野口英希〈4〉(松山)

吉川洋次〈4〉(那須拓陽)

蝦夷森章太〈3〉(愛知)

腰塚遥人〈3〉(桐生工業)

宮下隼人〈3〉(富士河口湖)

久保田悠月〈2〉(埼玉栄)

児玉悠輔〈2〉(東北)

清野太雅〈2〉(喜多方)

前田義弘〈2〉(東洋大牛久)

九嶋恵舜〈1〉(小林)

佐藤真優〈1〉(東洋大牛久)

松山和希〈1〉(学法石川)

村上太一〈1〉(北見緑陵)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請