美人ソフトボーラー・長崎望未が現役引退「本当に幸せなソフトボール人生」

長崎望未
長崎望未
長崎望未の打撃フォーム
長崎望未の打撃フォーム

 ソフトボール女子で「美人アスリート」として知られる長崎望未外野手(28)=トヨタ自動車=が9日、自身のインスタグラムを更新し、今季をもって現役引退することを明かした。「10年間、選手としてトヨタのユニホーム着続けられた事、たくさん試合に出られた事、たくさん賞をいただけた事、日の丸を背負えた事、最高のチームメートに出会えた事、何より、いつも温かいご声援で応援してくださったファンの皆様。この全てが私の誇りであり、かけがえのない宝物です。今、振り返ると素晴らしい日々。本当に幸せなソフトボール人生を歩めたなと実感しております」などと思いをつづった。

 長崎は京都西山高から2011年に実業団のトヨタ自動車入り。長打力に加え、勝負強さが光る打撃が持ち味で、日本リーグではリーグ在籍1年目から本塁打王、ベストナインなど4冠を獲得した。14年には日本代表に初選出され、18年に千葉で開催の世界選手権の1次リーグ・ボツワナ戦で2本塁打、6打点と驚異の数字をたたき出した。一方で、守備でも18年の日本リーグ決勝トーナメント・ビックカメラ高崎戦の0―0の7回2死一塁で頭上を越えた難しい打球をダイビングキャッチ。華のあるビッグプレーで約1万人の観客をわかせ、チームのリーグ制覇に攻守で貢献した。

 また、女子ゴルフの“スマイルキャンディー”ことイ・ボミ(韓国)やタレントのおのののか似のキュートなルックスでファンの間でも人気を博した。18年にフジテレビ系の「ジャンクSPORTS」に出演し「美人アスリート」として紹介され、話題を集めた。

 今後については競技の普及やスポーツの魅力を発進する活動などを行っていく。インスタでは「ソフトボールの技術やメンタルトレーニングを含めたオンラインサロンを立ち上げる挑戦を、今後していく予定」と明かした。また、「メディア活動」においても「何事も全力で取り組んで、日々精進していきます。その中でもリポーターやキャスターに挑戦していきたい」と決意を込め、「私らしく謙虚に笑顔を忘れず頑張ります!」と締めくくった。

 ◆長崎 望未(ながさき・のぞみ)1992年6月19日、愛媛県生まれ。28歳。小3で競技を始め、京都西山高卒業後の2011年にトヨタ自動車入り。同年の日本リーグでは本塁打王、打点王、ベストナイン、新人賞の4冠に輝く。14年に日本代表に初選出され、同年の世界選手権優勝。18年大会は銀メダルを獲得。左投左打。外野手。美白の秘けつは「日焼け止めをしっかり塗ること」。160センチ。57キロ。O型。

長崎望未
長崎望未の打撃フォーム
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請