【広島】鈴木誠也、球団野手史上最高3億1000万円で更改 米挑戦の話題「少しは」

契約を更改しポーズを取る鈴木誠
契約を更改しポーズを取る鈴木誠

 広島の鈴木誠也外野手(26)が9日、マツダで契約更改交渉に臨み、3000万円増の年俸3億1000万円でサインした。今季からの4年契約を結んでいる菊池涼の3億円を上回り、球団の野手では歴代最高額。球団全体でも16年の黒田博樹の6億円に次ぐ歴代2位の年俸となり「(球団から)頑張ったとお言葉を頂きました。いろんなことが重なったシーズンでいい経験になりました」と笑みを浮かべた。

 118試合に出場した今季は、打率3割、25本塁打、75打点で、球団初の5年連続打率3割を達成した。5年連続の打率3割以上かつ25本塁打以上は、王貞治、落合博満、小笠原道大に次ぐプロ野球史上4人目の快挙。それでも「まだまだ力不足。(課題は)ありすぎて答えられない」と、現状には満足していない。

 将来的なメジャー挑戦の希望については「少しは(球団と話を)しましたけど深くはしていない」と語るにとどめ、鈴木球団本部長は「メジャー志向があるから、その時になったら情勢を含めて話をしようと話した」と交渉の一端を明かした。来年の東京五輪では、日本代表の主砲としても期待される。「選ばれたら頑張りたい」と決意をにじませた。(坂口 愛澄)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請