シンボリクリスエスが21歳で天国へ 藤沢和調教師「これから続く2世、3世に期待」

スポーツ報知
03年の有馬記念を連覇した当時のシンボリクリスエス

 JRAは12月9日、02、03年の年度代表馬で天皇賞・秋、有馬記念を連覇したシンボリクリスエス(牡)が8日にけい養先の千葉県成田市のシンボリ牧場で蹄葉炎のため死んだことを発表した。21歳だった。

 現役時代に管理した藤沢和雄調教師は「引退レースの有馬記念で素晴らしい勝ち方をしてくれた。ダービーは勝てなかったが、王道路線を歩んだ馬が強いのだと、調教師としていろいろ勉強させてもらいました。繁殖(種牡馬)としても成功しているし、これから続く2世、3世にも期待しています」

 2001年10月に東京でデビュー勝ちした同馬は、翌02年の青葉賞で重賞初制覇。続く日本ダービーは、勝ったタニノギムレットから1馬身差の2着に敗れた。同年秋は始動戦の神戸新聞杯を勝ち、菊花賞ではなく、古馬相手の天皇賞・秋に挑んでG1初制覇。ジャパンCでは3着に敗れたが、年末の有馬記念を勝って、JRA賞年度代表馬と最優秀3歳牡馬に輝いた。翌03年も天皇賞・秋と有馬記念を連覇。2年連続で年度代表馬となり、最優秀4歳以上牡馬のタイトルも獲得。その有馬記念をラストランに現役引退し、種牡馬入りした。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請