箱根駅伝で胴上げ、円陣等禁止 出場校へ感染対策を通達

胴上げされる青学大・原晋監督
胴上げされる青学大・原晋監督

 箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟は8日、出場チーム向けの新型コロナウイルス感染防止対策等の諸連絡を通達した。レース当日のスタート・ゴール地点での対策も記されており、円陣、胴上げなどは禁止。接触を避けることとした。

 中継所などではサーモグラフィーも導入し、次走者への声かけも認められない。これまでの競技会と同様に、2週間前から記入する体調管理チェックシートの提出はもちろん、ウォーミングアップやレース中以外はマスク着用を義務づけている。

 感染者や濃厚接触者への対応については、大会3週間前にあたる12日以降にPCR検査で陽性となった関係者は会場に立ち入れないことなど、細かく明記された。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請