【西武】ドラ2左腕の佐々木健、仮契約「雄星さん憧れ」…青森・木造高OBでは初のプロ野球選手

スポーツ報知
西武と仮契約したNTT東日本・佐々木

 西武からドラフト2位指名を受けたNTT東日本・佐々木健(たける)投手(24)が6日、都内で入団交渉を行い、契約金7000万円、年俸1350万円で仮契約した。

 3日まで都市対抗に出場。チームは準優勝したものの、自身は肘の不安で2試合、計2回しか投げられなかった。MAX152キロを誇る本格派左腕は「自分の未熟な部分が出た。この失敗を次につなげたい」と、悔しさをプロの世界にぶつけるつもりだ。

 「こぢんまりとまとまった投手が多い社会人の中で、粗削りでこれからスケールアップしそう」(潮崎編成グループディレクター)と将来性十分。チームの弱点である投手陣の中でも、左腕は最大の強化ポイント。今季先発では浜屋の3勝が最多で、他は内海、榎田、ノリン(退団)が1勝ずつという惨状だ。起用法は未定だが「先発もリリーフも需要はいくらでもある」(潮崎ディレクター)と、即戦力の期待がかかる。

 「西武の左といえば(菊池)雄星さん(現マリナーズ)。打者を圧倒する投球に憧れる」と、同じ東北出身の左腕を目標に掲げた。青森・木造高OBでは初のプロ入り。「部員が減っているので、僕が注目されてまた増えたら」と、母校への恩返しとなる活躍を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請