福岡国際マラソン初優勝の吉田祐也を青学大・原晋監督が絶賛「練習はうそをつかない。感動した!」

青学大・原晋監督
青学大・原晋監督

◇福岡国際マラソン (6日、福岡市平和台陸上競技場発着=42・195キロ)

 マラソン2度目の吉田祐也(23)=GMOインターネットグループ=が日本歴代9位タイとなる2時間7分5秒で初優勝を飾った。

 青学大出身の吉田は、最初で最後となった前回の箱根駅伝の4区で区間新記録をマークし、チームの2年ぶり5度目の優勝に貢献。さらに、その1か月後の別府大分毎日マラソンで2時間8分30秒で日本人トップの3位と大健闘した。2003年びわ湖で中大の藤原正和(現監督)がマークした2時間8分12秒の初マラソン日本記録&日本学生マラソン記録に18秒及ばなかったが、いずれも歴代2位の好記録をマークした。当初、今年3月の卒業を機に競技の第一線から退く考えで、大手食品メーカーのブルボンから内定を得ていたが、その後、競技者としての可能性を追求するため、丁重に内定を辞退し、GMOインターネットグループに入社した。

 GMOインターネットグループのアドバイザーを務める青学大の原晋監督(53)は、現地で応援した。「青学大史上でも最も練習をした」と話す吉田の大健闘に「練習はうそはつかない。最後まで粘りの走りを見せてくれた。感動しました!」と話した。その上で「2024年パリ五輪の最有力候補だと思う。今の『吉田祐也』であり続ければ、メダルも見えてくるはず」と期待を込めて激励した。

 同じ青学大出身で「3代目・山の神」と呼ばれたプロランナーの神野大地(27)=セルソース=は序盤、後輩の吉田と共に先頭集団でレースを進めたが、15キロ過ぎで先頭集団から遅れ、25キロ過ぎで途中棄権した。原監督は「諦めず、腐らず、やり続けてほしい」と励ました。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請