馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 中京 小倉

2歳王者への道(栗東)

 こんにちは、山本です。本日は梅田の会社からのパッチパチ。こんなご時世ですから、たった一人での内勤ですが、当然です。仕事をパパッと終えて、真面目に帰宅しようと思っております。

 さて、イチローさんが智弁和歌山高校で指導者デビューをしたという話。驚きましたねぇ。元々、「生きる教材」みたいなスーパースターが現役の高校生、ドラフト注目選手と一緒のグラウンドに立って、技術を教えるなんて、こんな光景、数年前には考えられなかったこと。イチローさんだからこそできたことだとは思いますが、高校生たちには忘れられないだろうなぁ。恐らく、学校中がびっくりしたと思うし…。

 ワタクシ、高校球児のように本格的にスポーツをした経験はあまりありませんが、地元の大分県に住んでいると、芸能人やスポーツ選手に会った思い出はレアすぎて、今でも覚えていたりします。小学3年の時、スタジオには入れなかったけど、「笑っていいとも」をやっているアルタへ観光に行った時、トイレを出たところで遭遇した関根勤さんに握手してもらったのは今でも覚えているし、大分県にプロレスが来た時には、たまにあるサイン会が本当にうれしかったりした。そう思えば、この仕事は有名人の方に会うことが本当に多いので、昔のような「ドキドキ感」を全く失ってしまったような気がする今日この頃。久々にドキッとするような人に会うことはないですかねぇ。

 ということで、昔を懐かしみつつ、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 阪神3Rでは池添学厩舎の【パタゴニア(牝、父キズナ)】が復帰戦。こちらは2歳女王、ダノンファンタジーの妹になりますね。約5か月ぶりの実戦となります。「新馬の頃に比べると、体は良くなってきましたよ。(本来は)スタートも上手な馬。牝馬限定戦もありましたから」と池添学調教師は説明します。確かに調教は夏の頃に比べると、明らかに動いている。久々の実戦で初戦から全開といきたいところでしょう。そうそう、同じ池添学厩舎で今週のデビューを予定していた【スレイマン(牡、父キングカメハメハ、母ドナブリーニ)】は右前脚の故障で回避、放牧へと出ました。ジェンティルドンナ、ドナウブルーの下で注目を集める存在でしたが、ここはしっかりと治してほしいところですね。

 5Rの新馬では中内田厩舎から【ロードプレジール(牡、父キングカメハメハ、母キャトルフィーユ)】が出走します。お母さんを始め、重賞ホースがズラリと並ぶ優良な血筋。「ゲート試験合格後は一度放牧に出し、帰厩後も十分に乗り込んできました。当初は緩さもあったが、調教を進めるごとに力がついてきた感じ」と片山助手は説明しています。確かに乗り込み量も十分で、態勢をしっかりと整えてのデビュー戦と言えそうです。その中内田厩舎は2週前に秋明菊賞を勝った【ブルースピリット(牡、父Invincible Spirit)】と、1勝馬ですが注目度の高い【グレナディアガーズ(牡、父Frankel)】の2頭が朝日杯FSに参戦することになったようです。グレナは除外の場合、その翌週に阪神である平場のレースに向かうとのことです。

 この朝日杯FS、3日前になりますかね、デイリー杯2歳Sの勝ち馬で上位人気必至の【レッドベルオーブ(牡、父ディープインパクト)】が正式に出走を表明しましたね。これは面白くなってきました。この馬と人気を分け合いそうな松永幹厩舎の【モントライゼ(牡、父ダイワメジャー)】は今週の栗東で51秒9をマーク。「動きはよかった。順調ですね。前走も2週前に速いところをやりましたから。今回も当週にジョッキーに乗ってもらう予定です」と松永幹調教師は引き続きのコンビとなるルメールJの騎乗で最終追い切りを行うようです。本当に明るい表情で、状態はよさそうですよ。

 さて、今日の本編は短め。ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

中京7R・12メラーキ(狙いすました左回りの一戦で、友道調教師が「夏より動けている」と口にする成長度を加えれば、まず崩れない)

 続いては「馬券王への道 延長戦」をどうぞ。

中京10R・4イルヴェントドーロ(前が止まらない高速の中京。ここは単騎で行ける)

阪神2R・9ワセダハーツ(攻め馬ほど走れないのは気持ちの問題。ブリンカー装着が起爆剤)

阪神10R・1メサルティム(内で器用に立ち回れるタイプ。フレッシュな時の方がいい)

阪神12R・1マジックバローズ(こちらも立て直してきた。休養前に強い相手と戦った経験生きる)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請