キートン山田、「ちびまる子ちゃん」のナレーターを「卒業である」…来年3月28日放送で

来年3月で「ちびまる子ちゃん」を卒業するキートン山田
来年3月で「ちびまる子ちゃん」を卒業するキートン山田

 フジテレビ系人気アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜・後6時)のナレーションを務める声優・キートン山田(75)が、来年3月28日の放送をもって番組から卒業することが4日、発表された。

 「後半へつづく」「もっともな意見である」―。1990年に始まり、国民的アニメとなった「ちびまる子ちゃん」をクールな口調ながら温かみある雰囲気で支え続けた名声優が、番組を去る。フジによると、卒業は本人からの申し出だという。

 番組スタート前、「ちびまる子ちゃん」のナレーションは人選に難航していたが、原作者・さくらももこさん(18年死去、享年53)の指名でキートン山田に。アニメ制作チームは、「初回放送から約31年間…時に鋭く、そして優しく、ずっとまる子たちを見守ってくれたキートン山田さん。アニメスタッフ一同、感謝の言葉しかありません」とコメントした。

 キートン山田は「スタッフの皆さん、キャストの皆さん、そして『ちびまる子ちゃん』ファンの皆さん、ありがとうございました!」と感謝の言葉をつづると、「番組はまだまだ“後半へつづく”のである」と番組の名セリフを引用してコメントを締めくくった。

 新しいナレーターは、今後オーディションなどを行って決めるという。

 ◆キートン山田 本名・山田俊司。1945年10月25日、北海道生まれ。75歳。北海道・三笠高校を卒業後に上京。サラリーマン生活を経て、24歳で声優デビュー。テレビアニメ「一休さん」の将軍さま役、「サイボーグ009」の004役で注目を浴びる。83年に本名の旧芸名からキートン山田に改名。2006年、32歳年下の歌手・志保さんと結婚。現在はテレビ朝日系「ポツンと一軒家」。テレビ東京系「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」などのナレーションを担当。身長176センチ。血液型A。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請