吉本坂46定期公演でクラスター発生、メンバー12人感染

吉本興業
吉本興業

 吉本興業は4日、11月27日に東京・よしもと有楽町シアターで開催した「吉本坂46定期公演」の出演メンバー12人が新型コロナウイルスに感染し、保健所からクラスター(感染者集団)の発生が認定されたと発表した。同劇場は5日から1週間、休館する。

 同社によると、出演メンバーの1人が11月29日に発熱し、PCR検査の結果、12月2日に陽性と診断された。その後、複数人が体調不良を訴えたため、PCR検査を受けたところ、4日までに12人が陽性と診断されたという。また、社員1人の陽性も明らかになった。

 同社は「当日、ご来場いただきましたお客様につきまして、保健所より濃厚接触者には当たらないとの判断をいただいておりますが、保健所と相談の結果、お客様には個別にご連絡した上で、希望されるお客様にPCR検査のご案内をさせていただくことと致します」と説明した。

 今後について、政府のガイドラインにのっとった上で、医療および感染症の専門家の意見を聞きながら、マスクの着用や手洗い・アルコール消毒などを継続し、感染予防、拡大防止を実施する。安全確保を最優先に、感染予防、拡大防止に徹底して努めていく。

 すでに藤森蓮華、A―NON、藤井菜央の新型コロナの陽性が報告されているが、新たに木原実優、小川暖奈(スパイク)、松浦志穂(スパイク)、高野祐衣、菊地浩輔(チーモンチョーチュウ)、多田智佑(トット)、原浩大、佐竹正史(ビスケッティ)、まるいるい(たまゆら学園)の陽性が確認された。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請