新谷仁美「かわいい」2匹のため稼がないと

スポーツ報知
女子1万メートルで日本新記録をマークして優勝し、東京五輪代表に内定した新谷仁美(カメラ・石田 順平)

◆陸上 日本選手権長距離(4日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 女子1万メートルで既に東京五輪参加標準記録を突破していた新谷仁美(32)=積水化学=が、18年ぶりの日本新記録となる30分20秒44で優勝し、五輪代表に内定した。従来の日本記録を28秒45も更新。19人を周回遅れにする激走で2012年ロンドン以来、2度目の五輪切符を得た。女子5000メートルでは19年ドーハ世界陸上代表の田中希実(21)=豊田自動織機TC=が15分5秒65で、ライバル・広中璃梨佳(20)=日本郵政グループ=を1秒46差で振り切って制し、初の五輪を決めた。

 試合では時計をつけないのが新谷のマイルール。「練習ではつけるんですよ。でもレースって、全力じゃないですか」。時計に目をやる余力があるなら前を向く。全力なのだから、記録を見るまでもない。その一瞬に全てを懸ける、誰よりも誇り高いランナーだ。

 そんな完全無欠の32歳だにも“弱点”がある。合宿中にホームシックになるほどかわいがる愛犬・小太郎と愛猫・武蔵だ。「もうね、本当にかわいいんですよ~。ペットホテル代、稼いであげないと」と、目はハート。2匹の家族を養うためにも、まだまだ走り続ける覚悟だ。(陸上・長距離マラソン担当・太田 涼)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請