1万M日本記録破りながら3位で涙の田村和の恩師、青学大・原晋監督「まだチャンスはある」

青学大・原晋監督
青学大・原晋監督

◆陸上 日本選手権(4日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 21年東京五輪代表選考を兼ねて行われ、男子1万メートルで、相沢晃(23)=旭化成=が27分18秒75の日本新記録、さらに五輪参加標準記録(27分28秒00)を突破して優勝し、五輪代表に内定した。2015年11月28日に村山紘太(27)がマークした従来の日本記録(27分29秒69)を5年ぶりに10秒94も更新。2位の伊藤達彦(22)=ホンダ=も27分25秒73で従来の日本記録を破り、五輪参加標準記録も突破した。3位の田村和希(25)=住友電工=も27分28秒92で従来の日本記録を破ったが、五輪参加標準記録を破れず、涙した。

 田村の青学大時代の恩師、原晋監督(53)はスポーツ報知の電話取材に応じた。教え子の奮闘をたたえ、五輪再挑戦に期待した。

 「今年、日本の長距離のレベルが一気に上がった。相沢君、伊藤君は強かった。その中で田村もガッツあふれる走りを見せてくれた。従来の日本記録を破り、後輩たちに大きな刺激と勇気を与えてくれた。五輪参加標準を惜しくも突破できなかったけど、泣くほど悔しがる姿を見て、まだまだ、チャンスはあると感じた。タムカズ、頑張れ!」

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請