1万M日本新・相沢晃の恩師、東洋大・酒井俊幸監督「箱根から世界へ。円谷幸吉さんのように活躍を」

男子10000m 日本新を更新した相沢晃
男子10000m 日本新を更新した相沢晃
東洋大・酒井俊幸監督
東洋大・酒井俊幸監督

◇陸上 日本選手権(4日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 21年東京五輪代表選考を兼ねて行われ、男子1万メートルで、相沢晃(23)=旭化成=が27分18秒75の日本新記録、さらに五輪参加標準記録(27分28秒00)を突破して優勝し、五輪代表に内定した。2015年11月28日に村山紘太(27)がマークした従来の日本記録(27分29秒69)を5年ぶりに10秒94も更新。2位の伊藤達彦(22)=ホンダ=も27分25秒73で従来の日本記録を更新し、五輪参加標準記録も突破した。3位の田村和希(25)=住友電工=も27分28秒92で従来の日本記録を更新したが、五輪参加標準記録を破れず、涙した。

 相沢の東洋大時代の恩師、酒井俊幸監督(44)はスポーツ報知の電話取材に応じ、教え子を心から祝福すると同時に、さらなる飛躍を期待した。

 「相沢は学生時代から『東京五輪は1万メートルで狙います』と言っていました。見事に有言実行。故障などで苦しむこともありましたが、心の成長を感じました。おめでとう。伊藤君とのデッドヒートは前回の箱根駅伝2区と全く同じでしたね。今年1月2日の運営管理車からの光景を思い出しました。箱根駅伝の理念は『箱根から世界へ』です。相沢と同じ(福島)須賀川市出身の円谷幸吉さんは同じ東京五輪(1964年)で1万メートルで6位に入賞し、その上で、マラソンで銅メダルを獲得しました。相沢も故郷の大先輩のような活躍を目指してほしい」(東洋大4年の西山和弥も出場していたため、スタジアムで観戦)

男子10000m 日本新を更新した相沢晃
東洋大・酒井俊幸監督
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請