佐藤浩市、好きな女性のしぐさは「きれいにメイクしている人が、音立てて鼻をかむところ」

舞台あいさつを行った(左から)西島秀俊、佐藤浩市、石田ゆり子
舞台あいさつを行った(左から)西島秀俊、佐藤浩市、石田ゆり子

 俳優の佐藤浩市(59)、女優の石田ゆり子(51)、俳優の西島秀俊(49)らが4日、東京・丸の内TOEIで映画「サイレント・トーキョー」(波多野貴文監督)の公開記念初日舞台あいさつを行った。

 ほぼ満席の劇場での舞台あいさつ。コロナ禍でご無沙汰だった光景に佐藤は「久しぶりでドギマギしてます。今、明日がどうなるかの状況下で、ドキドキの初日だった。初日迎えられて良かった」と一安心した様子。石田は「お客さん目の前にするのが久しぶりなので、感動してます」。西島も「たくさん皆さんの前で、直接会えるのがうれしいです」と感無量の様子だった。

 劇中の佐藤はテロの容疑者役を務めており、映画の内容になぞらえ、共演者から“尋問”を受けた。石田から好きな女性のしぐさを問われ、佐藤は「女性が女性っぽいしぐさしても何も思わない。きれいにメイクしている人が、音立てて鼻をかむと、人間味が出ていいね」と会場を驚かせた。

 これに石田は「佐藤さんは女の人に対する厳しさがあって、本当に女性のことを思っていると感じさせる。そこがすごくステキです」と妙に納得していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請