池田エライザ、初監督作公開に「感無量」 リリー・フランキーは「ベテランのじいさんが撮ったよう」と絶賛

舞台挨拶を行った池田エライザ監督
舞台挨拶を行った池田エライザ監督

 女優の池田エライザ(24)が4日、東京・渋谷のシネクイントで原案・初監督を務めた映画「夏、至るころ」の初日舞台あいさつを行った。

 幼なじみの翔(倉悠貴)と泰我(石内呂依)、不思議な少女・都(さいとうなり)が過ごすひと夏の胸騒ぎを、美しい田川の風景、力強い和太鼓が奏でる音楽と共に描く。

 満員の観客を前に、池田監督は「まず何より、久方ぶりに、皆さまにお会いできたこと、感無量と言いますか、不思議な感覚でございます」としみじみ。「2年前から動き始めて、ようやく届くことになりました。穏やかな気持ちになれば、という思いで作りました」とあいさつした。

 初メガホンだった池田監督に、リリー・フランキー(57)は「(撮影当時)22、23歳のかわいらしい女の子が撮った映画じゃない。70歳ぐらいのベテランのじいさんが撮ったような。懐かしくもあり、現代に通じるものがあった」と絶賛。原日出子(61)も「迷いがない。自分もやられているかこともあって、俳優がやりやすい現場を作ってくれる。無駄な画(え)を撮らないし、本番までに消化してくれる」とたたえた。

 同映画は福岡・田川市で撮影。北九州市出身のリリーは「昔は炭鉱の街だった。出身者は(井上)陽水さん、IKKOさん、バカリズムさん、小峠(英二)さん。それで、街の雰囲気を想像してほしい(笑い)」とニヤリ。演じた祖父役に「マキタ(スポーツ)さん、蛭子(能収)さんに断られた後、こっちに(オファーが)来たと思います」と、うそぶいていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請