田中希実、日本選手権優勝で東京五輪内定! 広中璃梨佳との同世代ライバル対決を制す…

女子5000mで優勝し、五輪を内定させた田中希実
女子5000mで優勝し、五輪を内定させた田中希実

◇陸上 日本選手権(4日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 21年東京五輪代表選考を兼ねて行われ、女子5000メートルで19年ドーハ世界陸上代表の田中希実(21)=豊田自動織機TC=が15分5秒65で優勝し、代表内定を勝ち取った。

 田中が、プレッシャーのかかる一発勝負で確かな強さを示した。自己記録は日本歴代4位の15分0秒01。最大のライバルは、同3位の14分59秒37を持つ広中璃梨佳(20)=日本郵政グループ=だった。わずか1秒にも満たない差とはいえ、自身より速いベストを持つ存在。「相手(広中)は意識してしまうけど、まず自分の走りをしっかり見つけた上で勝負を楽しめるようにしたい」と今大会に備え、勝ちきった。

 初出場した昨秋のドーハ世界陸上では、アフリカ勢とも果敢に渡り合い、14位に入った。「最後の1周で絞り出せなかった。開き直って、楽しもうという気持ちだった。周りを見ながら、(決勝を)味わいつくせた」と晴れやかな表情を浮かべた。来夏の出場切符は通過点。出るだけで満足はしない。世界と勝負をするため、国立競技場のスタートラインに立つ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請